ご挨拶

理事長就任のご挨拶

この度、兵庫県印刷工業組合理事長を拝命いたしました武部健也です。

私には大変荷の重い職責ですが、印刷業界に育てられた者として業界の発展に微力ながら全力を尽くしてまいる所存です。

しかしながら浅学非才のうえ、組合活動歴も短いため皆様のご支援とご協力がなければこの大役を務めることはできません。皆様の絶大なるご協力を衷心よりお願い申し上げます。

さて、今般の新型コロナウイルの感染拡大は、国内外における人々の暮らしや企業の事業活動に深刻な影響を及ぼし、現代社会は未曾有の事態を迎えております。

また、我々印刷業界においては、昨年年初からの印刷用紙の大幅値上げ、原材料価格や物流費の高騰などで経営体力を削がれていたところへ10月の消費税率の引き上げ、さらにこの度コロナウイルス禍に巻き込まれ、業界全般に暗雲が垂れ込めております。

このような厳しい状況下でスタートした新年度事業において、まずは新型コロナウイルス感染症対策を念頭に置き、本年度通常総会でご承認いただいた通り、昨年の組合設立60周年記念大会のテーマに掲げた「Next60未来への始まり~飽くなき次代への挑戦~」を基軸に、次代への着実な一歩とするべく「組織強化への取り組み」・「産学連携の取り組み」・「兵庫青年印刷人―青楠会―への支援」を組合事業の3本柱として取り組みます。そしてそれぞれに対応する4つの常設委員会の委員長には若き統率力に富んだ、藤塚・石坪・杉本・柳(新)副理事長が就任し、全理事協力のもと事業を展開してまいりますので大いにご期待ください。

組合員の皆様が参加されてこその組合であり、ご参加いただいた中でメリットを享受していただけるものと確信しております。このような厳しい状況下であればあるほど、印刷工業組合の必要性と重要性は高まっているのではないでしょうか。

これからも組合員の皆様にとりまして、存在価値のある組合事業を運営できるよう全力で取り組む所存です。

最後になりましたが、前年度でご退任された役員の方々にはこれまで組合役員としてご協力いただきましたことに感謝申し上げます。

また、水落前理事長におかれましては10年間にわたる組合事業へのご尽力に対しまして心より敬意を表します。

先人の皆様方がこれまで取り組んでこられた変革をさらに前に進め、組合運営の活性化に努めてまいります。どうぞよろしくお願いいたします。

  • 令和2年6月
  • 兵庫県印刷工業組合
  • 理事長 武部 健也